最新速報ヘッドライン

社会

2014年07月16日

生活保護 > 汗水たらして稼いだ最低賃金

1:2014/07/15(火) 20:27:26.27 0 ID:
5都道県で「逆転現象」=生活保護下回る―最低賃金

時事通信 7月15日(火)16時52分配信

 最低賃金で働く人の手取り収入が生活保護の受給額を下回る「逆転現象」が、5都道県で起こっていることが15日、
厚生労働省の調べで分かった。2013年度の最低賃金引き上げで、逆転地域は11都道府県から北海道のみに減ったが、
最新のデータで集計すると東京、宮城、兵庫、広島でも生活保護の水準を下回った。

 社会保険料の負担が増加し、労働者の手取り収入が減ったことなどが要因。最低賃金が生活保護の受給額より少なければ、
働き手の勤労意欲をそぎかねない。このため最低賃金法は、最低賃金が生活保護を下回らないよう配慮することを定めている。
14年度の議論では、全体の底上げとともに逆転現象の解消が焦点になる。

 調査結果は、厚労省が15日開いた中央最低賃金審議会(厚労相の諮問機関)の小委員会で提示した。
生活保護との乖離(かいり)は時給換算で1~11円。最も大きいのは北海道の11円で、広島の4円が続いた。東京、宮城、兵庫は1円だった。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140715-00000114-jij-pol

続きを読む

matome888 at 08:58コメント(0) この記事をクリップ!

2013年10月14日

三鷹刺殺・池永容疑者「押入れなう。かなりストーカーじみてる。神様助けて。詰みました」 友人にLINE

1:2013/10/14(月) 06:39:14.23 ID:

三鷹ストーカー殺人 逮捕の男、待ち伏せ中に友人に「LINE」

東京・三鷹市で起きたストーカー殺人事件で、逮捕された男は、女子高校生の自宅の
クローゼットで待ち伏せしていた際に、「かなりストーカーじみたことをしている」などとの
メッセージを友人に送っていたことがわかった。
池永チャールストーマス容疑者(21)は10月8日、三鷹市井の頭で、元交際相手の高校3年
の鈴木沙彩さん(18)の自宅に忍び込んで、クローゼットで待ち伏せし、帰宅した鈴木さんを
ナイフで刺して殺害した疑いなどが持たれている。
池永容疑者の友人によると、池永容疑者は、犯行直前にクローゼットで待ち伏せをしていた際、
スマートフォンなどの無料通話アプリ「LINE」で、友人に「元カノのおしいれにて」、「ふんぎりが
つかないからかなりストーカーじみたことをしている」、「神様反省してるので助けてください」
などと送っていたことが新たにわかった。
メッセージは、「詰みだわ」との言葉を最後に連絡は途絶え、その2時間半後に、池永容疑者は
鈴木さんを殺害したものとみられている。
池永容疑者の友人は「彼女と鉢合わせして、彼女が叫んで外に飛び出したというか。
外に飛び出していってしまったので、自分が追いかけて、カッとなってやってしまったと」と話した。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00255745.html [FNN 動画ニュース]
続きを読む

matome888 at 10:52コメント(0) この記事をクリップ!

2013年10月11日

【三鷹の女子高生殺害】 ストーカー殺人鬼の素性・・・フィリピン人母との極貧生活

1:2013/10/11(金) 12:30:09.24 ID:
鈴木さんを刺殺した池永チャールストーマス容疑者とは、どういう素性の男なのか。
裕福な家庭に育った鈴木さんとは、まるで正反対の生い立ちだった。

「40代と思われる母親はフィリピン人。日本人の父とは幼い頃に生き別れているようです。
池永は大阪市内の公立小学校を卒業し、中学も地元の公立校に進学しましたが、
中学3年の時に母親と一緒に京都市の賃貸マンションに転居。

その後、京都府内の高校に進学し、柔道部に所属。その一方、貧しい家計を助けるため、
近所のスーパーで週3回、アルバイトもしていました」(地元マスコミの記者)

ハーフの子として生まれ、母親と極貧生活を送ってきたようだ。

実家の京都市内のマンションの隣室の女性によると、「現在は幼稚園児くらいの(異父)妹も暮らしていた」という。
池永は、その幼い妹と遊ぶ姿を何度も目撃されている。

しかし、昨冬ごろに京都の自宅を飛び出し、定職に就かず、コンビニなどのアルバイトを転々としながら
大阪市内のマンションで一人暮らしを始めていた。

それと前後し、11年12月ごろにフェイスブックを通じて知り合ったのが、殺害した鈴木さんだった。
永は週末に深夜バスなどを利用して上京。鈴木さんの今年4月20日付のブログにも
「明日はデートだから早く寝よう」といった記述が残っている(現在は削除)。

「池永は、鈴木さんとの交際を母親にオープンに話していました。今年7月ごろに彼女の方から別れ話が出たといいます。
ただ、殺された鈴木さんは、三鷹警察署にストーカー被害を相談した際、〈池永とは昨秋に別れた〉と説明している。

どちらが事実なのか不明ですが、良家の子女である鈴木さんが、両親に交際を止められながら、
ずるずると関係を続けていた可能性はあります」(前出の記者)

鈴木さんは、私立大学への推薦入試も決まっていた。今となっては、ロクデナシ男と交際してしまった事実が悔やまれる。
http://news.nifty.com/cs/item/detail/gendai-000195327/1.htm
続きを読む

matome888 at 13:13コメント(0) この記事をクリップ!

【話題】 セックス嫌いな若者が急増・・・「セックスに無関心、嫌悪」25% 「性体験なくても平気」

1:2013/10/11(金) 12:57:43.28 ID:
いつの時代も恋は身も心もときめく……と思っていたら、昨今は独身男性の3割弱が「婚約者、恋人、異性の友人のいずれもほしくない」という。
20代前半の男性の4人に1人は「セックスに関心がない/嫌悪している」との調査結果も。彼らにはもう女性はいらないのか? 探ってみた。

20代男性が草食化しているとは聞いていたが、まさかここまでとは思わなかった。

いかにも「青春」を楽しんでいそうな首都圏の某有名大学男子学生(20)は開口一番「彼女だとずっと一緒にいないといけないので、面倒くさいんです」と話す。

「性体験のないヤツは普通にいますし、お互いに別に隠しません。童貞の子? 何人も知ってます。
あいつもそうかも」と、その場で別の男子学生(20)を紹介してくれた。こちらの彼も小学生の時に両思いの女の子がいただけで、彼女がいたことはない。

「今は18歳までに性体験のある人は3割ぐらいだと聞きますし、経験がないことは全く気になりません。
女性との付き合いは人それぞれです」とはきはき。学習系のサークルに熱心に参加し、暇なときはネットゲームをする。

男友達がいるので寂しくないし、女性と付き合うには「交際費」が足りないという。
性欲については「普通にあると思うんですけど、ネットなどで自分で適当に解消してます」と人ごとのように答えてくれた。

「セックス嫌いな若者たち」などの著書がある産婦人科医、北村邦夫さん(62)は、02年から2年ごとに「男女の生活と意識に関する調査」をしている。
20〜24歳の男性でセックスに「関心がない」「嫌悪している」と回答した割合は、08年の11・8%から10年には21・5%に急増した。最新の12年も24・6%と増加傾向だ。

女性は30%前後だが、「性欲は男性ホルモンの支配下にあり、女性ホルモンが優位の若い女性は仕方がない。
問題は、男性ホルモンが一番多く分泌されているはずの20代男性がセックスに関心が向かなくなり、敵視する人まで現れていることだ」と指摘する。

セックス以外の異性との関わりを「面倒」「嫌悪している」とした人も20〜24歳で27・7%、25〜29歳で29・4%と上下の年代に比べて高い。
http://mainichi.jp/select/news/20131010mog00m040004000c.html
>>2
続きを読む

matome888 at 13:12コメント(0) この記事をクリップ!

2013年10月09日

【衝撃】 東スポが鬼女に取材www 「どうしてそんなことをするんですか?」

1:2013/10/09(水) 15:26:21.71 ID:

“土下座強要女”を逮捕に追い込んだ「鬼女」の正体

 炎上の中心地は巨大掲示板「2ちゃんねる」にある「既婚女性板」だった。文字通り、
結婚した女性たちが集まる掲示板だ。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏は「既婚女性板に集まる女性たちを既女の漢字を変えて、
“鬼女(きじょ)”と呼びます。結婚して子供もいて、ある程度の社会常識もわきまえている。
2000年代初めのころから、鬼女は不倫告白をしたOLのブログや、犯罪自慢をする非常識な
人物の書き込みを見つけては、さらし者にしてきました」と解説する。

 過去にも鬼女が炎上させたケースがある。女子大生が中年男性と不倫しているとブログで
書き込んだときも、個人情報がさらされた。今回のように、店員に子供を注意されたことに
逆ギレして、暴言を吐いた家族連れの家庭事情も調査。いじめ問題が起きると、いじめた側の情
報を細かく追い続けることもある。

 井上氏は「実際に鬼女に会って、『どうしてそんなことするのか』と聞いたことがあります。
すると、『社会が悪くなると、自分の子供の安全が脅かされる。世の中は平穏無事であってほしい。
悪くなるのを防ぎたい』と言うんです。どうやら子供の存在が大きく、だからいじめ問題には関心が
高い」と話す。

 鬼女には子育てが一段落して、時間の余裕がある人もいる。その時間を使って探偵じみたことを
しているのだ。

「基本的な考えに、『非常識なことをしたやつは、ほかにも非常識なことをやっている』というのが
あるから、徹底的に調べる。その非常識に自分や子供が巻き込まれないために、素性を暴く。
1回火がついたら納得するまでやめず、余罪の追及も容赦しないのが鬼女の特徴です」(井上氏)

 子を持つ母の防衛本能が炎上させるようだ。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/192228/2/
続きを読む

matome888 at 16:56コメント(0) この記事をクリップ!

ページトップ